バイナリーオプション危険性5つとその対処法を初心者向け解説

初心者
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは有村です。
この記事では、バイナリーオプション危険性とその対処法について、初心者の方でも分かるように解説いたします。
「バイナリーオプションは危険、大損しそうで怖い」と思っている方もいるでしょうが、全くそんなことはありません。
危険性を知り、うまく回避することで常勝トレーダーを目指しましょう。

今回は以下の内容を解説致します。

  • 結局のところバイナリーオプションは危険なのか?
  • バイナリーオプションの危険性①勝率の罠
  • バイナリーオプションの危険性②資金管理の罠
  • バイナリーオプションの危険性③レクチャー詐欺の罠
  • バイナリーオプションの危険性④出金拒否の罠
  • バイナリーオプションの危険性⑤短時間取引の罠

バイナリーオプションは危険なのか?

バイナリーオプションは危険なのか?

これからバイナリーオプションを始めようとする初心者の方が気になるのは、「結局のところ危険なのか?」ということでしょう。

結論から言うと、正しい知識を持って挑めば危険ではありません。

むしろ、少額から始めることができ、FXと違って投資金以上の損失がでないという点において安心の投資法と言えます。

危険度は間違いなく低いのですが、全く危険がないわけではありません。

初心者の方は、バイナリーオプションの「何が危険なのか」という知識を知っておけば手堅く稼げます。

この知識を知らずに取引を始めて大損する人が多いため、「危険、やめといた方がいい」という声が多いのです。

バイナリーオプションの危険性5つを初心者向けに解説

危険性5つを初心者向けに解説

では、具体的にバイナリーオプションの何が危険なのか?というと、主な危険性は次の5つがあります。

危険性①勝率の罠
危険性②資金管理の罠
危険性③レクチャー詐欺の罠
危険性④出金拒否の罠
危険性⑤短時間取引の罠

初心者の方は、上記の危険性を把握して損をしないように取引を行いましょう。

以下より、それぞれの危険性の詳細と、その対策について解説致します。

バイナリーオプションの危険性①勝率の罠

危険性①勝率の罠

初心者が知るべきバイナリーオプションの危険性①は、勝率の罠です。

バイナリーオプションは為替通貨の動きが「上になるか?下になるか?」を予想する投資方法ですので、単純な勝率は50%ということになります。

そのため、初心者の方は「適当に取引を続ければいずれプラスになるだろう」と思いがちですが、その考えが危険です。

一般的に、バイナリーオプションで勝った時に払い戻されるペイアウト率は1.70〜1.90倍に設定されているため、50%の取引を続けても利益になるどころが、損失が膨らんでいくだけです。

危険性①勝率の罠

例えば、1.90倍の取引で1,000円賭けた場合、10回取引をして勝率50%だと、トータルで500円の損失になります。

しかし初心者の方は、「どのくらいの勝率があれば利益になるのか?」ということを考えず適当に取引して、気付けば資金を全部失っていたということも少なくありません。

勝率の罠の危険性を回避する方法

勝率の罠の危険性を回避する方法

上記で解説した勝率の罠の危険性を回避する方法として、初心者はまず利益と損失の分かれ目となる勝率を知る必要があります。

これを「損益分岐点」と言います。

損益分岐点(%)の計算は、 100 ÷ ペイアウト率で求めます。

例えばペイアウト率1.90倍の取引の場合、損益分岐点は52.6%となります。

52.6%というと一見、運が良ければ適当に取引しても手が届きそうな勝率に見えますが、その考えも危険です。

実感するほどの利益を出すには、せめて60%以上の勝率を出したいところです。

バイナリーオプションの危険性②資金管理の罠

危険性②資金管理の罠

初心者が知るべきバイナリーオプションの危険性②は、資金管理の罠です。

FXと違い、バイナリーオプションでは損失額が投資金額より大きくなることはありません。

この点でFXよりも資金管理はかなり楽なのですが、その楽さが仇となり、「いつの間にか口座に入れていたお金がほとんどなくなっていた」という状況に陥る初心者が後を絶ちません。

資金管理の失敗で特に多いのが、取引毎に賭け金を変えてしまうことです。

勝った時は欲が出て、負けた時は損失を取り返そうと思って、次の取引では賭け金を倍にして、結果負けてしまう…。というパターンです。

資金管理の罠の危険を回避する方法

上記で解説した勝率の罠の危険を回避する方法として、

・メンタル管理を行うこと
・取引のルールを決めること

が挙げられます。

資金管理の罠の危険を回避する方法

バイナリーオプションにおいて、メンタル管理はテクニカル分析と同じくらい重要です。

そこでおすすめの方法が、勝った時でも負けた時でも、必ず分析を行うことです。

熱くなった頭をクールダウンすることができますし、分析を行うことで値動きを予想する力が身につきます。

また、取引ルールを決めておくことも、メンタル管理や資金管理に役立ちます。

1日の取引上限回数や、1回の賭金を一定にして取引毎に変えないことを徹底しましょう。

以下の記事で、バイナリーオプションの賭け方を初心者向けに解説していますので、併せてぜひご覧ください。

バイナリーオプションの危険性③レクチャー詐欺の罠

危険性③レクチャー詐欺の罠

(※画像はイメージです)

初心者が知るべきバイナリーオプションの危険性③は、レクチャー詐欺の罠です。

ツイッターやインスタなどのSNSで、美人なお姉さんが

「バイナリーオプションのレクチャー無料でやってます♡♡♪♪」

みたいなことを言っているのを見たことはありませんか?

実はこういうもののほとんどが初心者の方を狙った悪質な商売方法で、まともなレクチャーを行なっていません。

右も左もわからない人に手を差し伸べるふりをして、バイナリーオプションの口座開設などをさせて報酬を受け取り、あとは何も教えてくれないということがほとんどです。

レクチャー詐欺の危険性を回避する方法

レクチャー詐欺の危険を回避する方法

レクチャー詐欺の罠を回避する方法はシンプルです。

・この手の人には絶対に自分から連絡しない
・連絡がきても無視する

美人お姉さんの写真はほとんど偽物で、海外のインスタグラマーなどから無断で転用している場合が多いです。

中の人は美人お姉さんではありません。

バイナリーオプションの分析方法など全く知らない、ただのおじさんかもしれません。

中には本当に美人お姉さんがレクチャーしている場合もありますが、その時は美人お姉さんがちゃんと投資の知識を持っているかどうかを確認しましょう。

しかし知識に乏しい初心者はその見極めが難しいと思いますので、誘いに乗らないことが最も効果的な対処法です。

バイナリーオプションの危険性④出金拒否の罠

危険性④出金拒否の罠

初心者が知るべきバイナリーオプションの危険性④は業者の出金拒否です。

出金拒否とは、自分が儲けたお金を出金しようとしても業者側になんらかの理由で拒否されてしまうことです。

一部の悪質な業者は、意図的に口座のお金を持ち逃げして、連絡しても一切無視なんてこともあります。

そのため「海外のバイナリーオプションは危険」と言われます。

確かにそのような海外業者があるのも事実ですが、きちんとした金融ライセンスを保有している信頼性の高い海外業者も確かに存在します。

出金拒否の危険を回避する方法

出金拒否の危険を回避する方法

出金拒否の危険を回避する方法は、主に次の2つです。

・安全なバイナリーオプション業者を選ぶ
・出金条件を満たしているか確認する

まず、意図的な出金拒否のトラブルがないような業者を選ぶことがポイントです。

国内業者のほとんどは金融庁の許可を得て運営しているので安全と言えますが、海外業者はその国の法律に基づいて運営しているので、お金を持ち逃げされた場合取り返すのが大変になります。

信頼性が高く最もおすすめな海外業者は、業界最大手ハイローオーストラリアです。

2つ目の対策が、出金条件を満たしているか確認することです。

出金される原因のほとんどが、ご自身がバイナリーオプション業者の規約に違反していたり、出金条件を満たしていないことで起こります。

例えば、クレジットカードの期限が切れているため規約違反とみなされたり、最低出金額が1万円と定められているのにそれ以下の金額を出金しようとしたなどです。

バイナリーオプションの危険性⑤短時間取引の罠

危険性⑤短時間取引の罠

初心者が知るべきバイナリーオプションの危険性⑤は短時間取引の罠です。

バイナリーオプションは30秒や1分などの短時間取引が可能で、短い時間で勝負が決まる手軽さや、ペイアウト率が高いことから非常に人気となっています。

しかし、短すぎる取引時間には大きな危険があります。

それはテクニカル分析が通用しにくいということです。

まず分析の時間が取れないということもありますが、仮に分析が当たったとしても、ノイズと呼ばれる一瞬の値動きによって負けてしまうことが増えます。

危険性⑤短時間取引の罠

ノイズはある大きな取引が入ることで起こります。

分析が通用しないのであれば、これはもう投資ではなくギャンブルと同じです。

短時間取引の危険性を回避する方法

短時間取引の危険性を回避する方法

バイナリーオプションの短時間取引の危険性を回避する方法は、次の2つです。

①長い取引時間を選ぶ
②サインツールを使う

初心者の方が裁量のみで30秒や1分取引を攻略するのは不可能です。

ですので、長めの取引時間(せめて5分取引)を行いましょう。

あくまで「しっかりと相場分析ができる時間」で取引を行うことが条件ですので、5分でも足りないと思ったら、15分や1時間取引を行いましょう。

また、初心者の方が裁量のみで短時間取引を攻略するのは不可能ですが、サインツールを併せて使うことで勝率を高めることは可能です。

初心者でもツールを使えば短時間取引で勝率アップは可能!

サインツールとは、条件に基づいてバイナリーオプションのエントリー方向を予想し、チャート上に示してくれるツールです。

初心者でもツールを使えば短時間取引で勝率アップは可能!

サインツールのサインを見ながら、エントリーするかどうかを判断することで圧倒的に分析が楽になります。

しかし、サインツールは優秀なものでなければ意味がありません。

数あるバイナリーオプションツールの中には、高額で売られているにも関わらず全く勝率が上がらないツールもあります。

初心者の方がそのようなツールに手を出してしまうことはかえって危険です。

しかし現在僕は、期間限定で優秀なサインツールを無料でプレゼントしています!

プレゼントするのは、マーチンなしで平均勝率73%を誇るサインツールの1通貨対応版(USD/JPY)です。

1通貨とはいえ有料級のツールですが、あえて無料で提供する理由は皆さんに是非稼いでほしいからです。

以下の無料メルマガ@からお受け取りください。

※サインツールプレゼントには人数制限がございますのでお早めに!

メルマガ友達追加で、
最適なバイナリーオプション攻略手法とサインツールをGET!!

メルマガで特別な情報を受け取る

使用感を確かめて頂き、もしもご満足いただけたら、以下のリンクから正規版のご購入検討お願いします。

詳細記事:GOEMON(ゴエモン)の実績・ロジック・お客様の声が気になる方はコチラから

詳細記事:GOEMON(ゴエモン)を即購入したい方はコチラからどうぞ

バイナリーオプション危険性5つとその対処法を初心者向け解説のまとめ

いかがでしたか。
今回は以下の順でバイナリーオプションに潜む危険性とその対処法について解説しました。

  • 結局のところバイナリーオプションは危険なのか?
  • バイナリーオプションの危険性①勝率の罠
  • バイナリーオプションの危険性②資金管理の罠
  • バイナリーオプションの危険性③レクチャー詐欺の罠
  • バイナリーオプションの危険性④出金拒否の罠
  • バイナリーオプションの危険性⑤短時間取引の罠

【動画】ソレ危険です。バイナリーオプションで負ける人がやりがちなことを初心者にも分かるように解説

以下の動画ではバイナリーオプション初心者がやりがちな危険な行為について初心者にもわかるように解説しています。