初心者必見バイナリーオプション専門用語解説

初心者
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは!ありです。
この記事ではバイナリーオプション初心者の方が覚えるべき基本的な用語について解説します。
この記事を読むことでバイナリーオプションに関するあらゆる専門用語が理解できます。
もちろん、一回読んで全てを理解する必要はありません。
ブックマークをしておいて、バイナリーオプション取引をする上でわからない用語があればこのページで調べるという使い方をして頂ければ幸いです。

  • バイナリーオプション初心者が覚えるべき用語の種類
  • 初心者が覚えるべき用語:取引系
  • 初心者が覚えるべき用語:分析系
  • 初心者が覚えるべき用語:ツール系
  • 初心者が覚えるべき用語:資金管理系
  • まとめ

の順で解説します。是非ご覧ください。

バイナリーオプション初心者が覚えるべき用語の種類

用語の種類

バイナリーオプション初心者の方が覚えるべき専門用語は以下の種類に分かれます。

  • 取引系…取引方法や取引する際の機能に関する用語
  • 分析系…値動きを分析する際に使う用語
  • ツール系…MT4などバイナリーオプションをする際に使うツールに関する用語
  • 資金管理系…エントリー金額など資金管理の際に使う用語

なお、バイナリーオプションに関する勉強方法を知りたいという方には、以下の記事で初心者向けの勉強法を解説しています。

バイナリーオプション初心者が覚えるべき用語:取引系

取引で使う用語

この項ではバイナリーオプション初心者が覚えるべき取引系の専門用語について以下の順で解説します。

  • ハイロー取引
  • ラダー取引
  • レンジ取引
  • タッチ取引
  • ハイローオーストラリア
  • 取引時間
  • ペイアウト率
  • エントリーポイント
  • 通貨ペア
  • 転売

ハイロー取引

ハイロー(HIGH LOW)取引とは、最もポピュラーなバイナリーオプションの取引形態です。

エントリーしたときから取引終了時刻に達するまで価格が「上がるのか・下がるのか」を予想します。

エントリーした時にハイ(HIGH)を選択した場合、取引終了時刻までにエントリーポイントより価格が上がっていれば勝ちとなります。

2択から選ぶため、初心者にとって他の取引方法よりも予想しやすいというメリットがあります。

ラダー取引

ラダー取引とは国内バイナリーオプションで使用することが多くなる取引形態の1つです。

複数のレートから1つのレートを選び、取引終了時間にそのレートより価格が上下どちらにあるかを予想するものです。

ラダー取引は基準となる価格帯を複数から選ぶため、エントリーポイントでの価格推移をそれほど気にしなくても良いという点がメリットです。

しかし選択肢が増えるという点ではラダー取引よりもハイロー取引の方が初心者に優しい取引形態とも言えます。

レンジ取引

レンジ取引も国内バイナリーオプションでよく見られる取引形態の1つです。

レンジ取引は取引終了時間までに価格が目標レンジの中に留まるかについて予想します。

取引画面には上下に線が引いてあり、取引終了時間までにその上下の線をローソク足がはみ出していなければ勝ちとなります。

タッチ取引

タッチ取引とはその名の通り、一回でも指定したレートに価格がタッチすれば勝ちとなるバイナリーオプションの取引形態です。

この取引が有効なのは政府要人の発言の直後などです。

政府要人の発言のあとは相場が乱高下となり、レンジ相場にはなりにくいという特徴を持っています。

そのため上下どちらにもエントリーしておくことで、ペイアウト率が大きい離れた場所のレートにも価格がタッチすることが期待できます。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアとは、業界最大手のバイナリーオプション業者です。

海外業者のため、国内業者では行えないハイロー取引をすることができます。

また、最短で30秒の短期取引が可能です。

バイナリーオプション業者は数多くありますが、初心者の方に最もおすすめしたい業者となります。

取引時間

ハイローオーストラリアでは、最短30秒から最長1日の取引時間を選択する事が可能です。

なお、国内バイナリーオプションの取引時間は規制により2時間以上となっています。

取引時間毎に勝ちやすい手法は変わってくるため、初心者の方はまず取引時間毎の特徴を知ることがポイントです。

ペイアウト率

ペイアウト率とは取引の際に、賭けた金額に対していくら戻るのかをパーセンテージで表したものです。

【例】ペイアウト率1.80倍の取引で1000円をかけた場合、勝った時は1800円のペイアウト金額を受け取ることができる

このペイアウト率が高ければ、買ったときに手元に払い出される金額が高くなります。

このペイアウト率は海外業者の方が国内業者よりも高い傾向にあります。

エントリーポイント

バイナリーオプションにおけるエントリーポイントとは、その名の通りエントリーをするタイミングのことを言います。

当然、数を撃てば当たるものではないので、勝てるタイミングと負けないタイミングを見極める必要があります。

通貨ペア

通貨ペアとは、値動きを予想する通貨の組み合わせのことです。

例えば USD/JPYは米ドルと日本円のペアということになります。

通貨ペアによって値動きの傾向が変わりますので、初心者の方は各通貨ペアの特徴を知ることがポイントです。

転売

バイナリーオプションで行われる転売とは、取引終了時刻が来る前に取引を終わらせることを言います。

【例】5分取引で現在のレートのまま行けば負けてしまう。これを受けて、負け確定の前に転売し、そのときの評価額を受け取ることを選ぶ。

評価額については、基本的にそのまま時間が経てば勝ちという場合には賭け金よりも高い金額になっており、そうでない場合には賭け金よりも低い金額になっています。

個人的には転売は期待値の下がる行為として有名ですので何回もやり続けるのはおすすめはしません。

しかし、取引途中で要人発言があり値動きが予想できない時などは転売機能を使うのも一つの手です。

バイナリーオプション初心者が覚えるべき用語:分析系

相場分析で使う用語

この項ではバイナリーオプション初心者が覚えるべき分析系の用語について以下の順で解説します。

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析
  • チャート
  • ローソク足
  • トレンド相場/レンジ相場
  • ブレイクアウト
  • 逆張り/順張り
  • パーフェクトオーダー
  • ゴールデンクロス/デッドクロス
  • ダイバージェンス

テクニカル分析

テクニカル分析とは為替相場の過去の価格推移から、未来の相場の価格推移を予想する分析方法のことです。

具体的にはチャートツールMT4に搭載されているインジケーターなどを用いて分析します。

テクニカル分析の良い点は数字だけを見て論理的に適切なエントリーを決めることができるということです。

トレーダーの心理はすべてMT4チャートの動きに現れていると考える人もいるほど、テクニカル分析だけでも十分に有用です。

分析はテクニカル分析のみというトレーダーも数多くいます。

当ブログでも数多くのテクニカル分析を用いた攻略法をご紹介しています。

気になる方は以下からご覧ください。

プロ投資家がおすすめするバイナリーオプション攻略手法

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは要人の発言や経済指標の発表を受けて相場予想を行うものです。

例えば日本銀行総裁の金利政策の発表、米雇用統計発表などがファンダメンタルズ分析を行う上で参考になる指標となります。

このような政治的発言や経済指標の発表が行われた後、その国に期待できるとトレーダーが判断した場合はその国の基軸通貨の価格が上がり、期待できないと判断された場合は下がります。

この発表の内容をいち早く理解することで、その後どのような相場になるか予測することができるのです。

関連記事:初心者向け経済指標解説

チャート

チャートとは過去の相場データをグラフ化したものです。

世界中の投資家が、チャートを見ながらバイナリーオプションの分析や取引をしています。

初心者の方は、まずMT4などの無料チャート分析ツールを入手し、チャートの見方を覚えましょう。

ローソク足

ローソク足とは、一定期間における4つの値(始値・高値・安値・終値)をローソクの形で表したものです。

例えば1分足のローソク足の場合、1分間の始値・高値・安値・終値が1本のローソク足に現れます。

ローソク足は陽線と陰線に分けることができます。

陽線:
始値よりも終値が高いローソク足
陰線:
始値よりも終値が安いローソク足

ローソク足は相場分析の基本ですので、初心者の方は必ず覚えましょう。

トレンド相場/レンジ相場

為替相場は、大きく分けて「トレンド相場」と「レンジ相場」に分かれます。

トレンド相場とは:
相場が上下どちらかに大きく傾いている状態のことを指します。
レンジ相場とは:
一定の範囲で価格が変動をする相場のことを指し、別名ボックス相場とも呼ばれます。

トレンド相場の定義は高値および安値が連続して更新されつづけることです。

一方的な相場が発生したらトレンド相場だとして取引にかかりましょう。

為替相場にはトレンド相場になりやすい時間帯、レンジ相場になりやすい時間帯があります。

一般的にレンジ相場が全体の7割以上を占めると言われており、短期取引がメインとなるバイナリーオプションはレンジ相場と非常に相性が良いです。

ブレイクアウト

ブレイクアウトとは、レンジ相場などの揉み合い相場において、ローソク足が指標となるラインを突き抜けて、大きく上昇または下落する場面のことを言います。

ブレイクアウトが起きると価格が一方向に伸びやすく、つまりトレンド相場になりやすいという特徴があります。

逆張り・順張り

バイナリーオプションにおける主な取引方法は「逆張り」と「順張り」に分かれます。

順張り:
トレンドと同じ方向にエントリーする手法で、主にトレンド相場で使われます。
逆張り:
現在の流れと逆方向にエントリーする手法で、レンジ相場で有効な方法です。

相場の7割以上はレンジ相場なので、逆張りを制することができるか否かが勝てるトレーダーになれるかなれないかの分かれ道となります。

パーフェクトオーダー

パーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーとは、短期・中期・長期の3本の移動平均線の向きが同方向へ一致している且つ交じり合っていない状態のことです。

パーフェクトオーダーが現れる相場は、トレンドの状態が比較的強いことがわかります。

バイナリーオプションにおいては、相場のトレンドの強さを測るために非常に重要な指標として多くの投資家が利用しています。

ゴールデンクロス・デッドクロス

ゴールデンクロス・デッドクロスとは、移動平均線やMACDのようなインジケーターで起こる各ラインのクロスを指します。

  • ゴールデンクロス=相場上昇のサイン
  • デッドクロス=相場下降のサイン

上記のように、バイナリーオプションのエントリーポイントを判断するのに使える手法となりますので、初心者の方はぜひ覚えてください。

ダイバージェンス

バイナリーオプションにおけるダイバージェンスとは、実際のローソク足の動きとオシレーター系インジケーターの動きが逆行していることを指します。

ダイバージェンスが起こった場合「トレンドが弱まっている」と判断することができます。

バイナリーオプション初心者が覚えるべき用語:ツール系

ツールに関する用語

バイナリーオプション初心者が覚えるべきツール系の用語について解説します。

  • MT4
  • インジケーター
  • サインツール

MT4

MT4とは為替相場の動きを表示させ、相場の分析ができるツールです。

MT4では価格の動きをそのまま記録しているラインチャート、期間ごとの動きを示すことができるローソク足チャートを使用でき、それらを分析するために必要なインジケーターやラインなども使用可能です。

バイナリーオプションやFXを行う場合は、かならずPCに導入しなくてはいけないツールです。

関連記事:知らなきゃマズイ!MT4の5つの注意事項

インジケーター

インジケーターとは相場分析をする際に使用する指標です。

MT4やMT5などのチャート分析ツールに機能として搭載しております。

インジケーターは世界中で開発されているため、種類が豊富で他人が開発したものであってもファイルをダウンロードすることで使うことが出来ます。

複数組み合わせることでエントリー条件を固定でき、決まった条件が発生したときのみ取引を行うという取引が可能です。

インジケーターを用いた相場分析は基本的にテクニカル分析に分類されます。

サインツール

サインツールとは相場分析を行う際にエントリーポイントを瞬時に明確に示してくれるツールです。

基本的にはMT4などのチャート分析ツールに導入して使うことが多く、初心者の方でもエントリーポイントを簡単に決定することが可能なため人気のツールです。

注意点としては、サインツールに頼りすぎてしまうと自分の裁量を磨く機会を失ってしまいかねないという点が挙げられます。

また、サインツールは優秀なものでないと、ただのオモチャとなんら変わりませんので良いものを吟味することが大事です。

現在僕は、期間限定で優秀なサインツールを無料でプレゼントしています。

以下の無料メルマガからお受け取りください。

※サインツールプレゼントには人数制限がございますのでお早めに!

メルマガ友達追加で、
最適なバイナリーオプション攻略手法とサインツールをGET!!

メルマガで特別な情報を受け取る

バイナリーオプション初心者が覚えるべき用語:資金管理系

資金管理に関する用語

この項ではバイナリーオプション初心者が覚えるべき資金管理系の用語について解説します。

  • 損益分岐点
  • 期待値
  • マーチンゲール法
  • 10%法

なお、初心者が知っておくべき資金管理の基本については、以下の記事にまとめていますので、ぜひこちらもご覧ください。

損益分岐点

バイナリーオプションにおける損益分岐点とは、利益と損失の分かれ目となるポイントの事を言います。

損益分岐点(%) = 100 ÷ ペイアウト率

の計算式で求めます。

例えば、ハイローオーストラリアの5分取引の場合ペイアウト率が1.85倍なので、損益分岐点は54.05%となります。

期待値

バイナリーオプションにおける期待値とは、「その取引手法は1回のエントリーでどれくらい利益を生むのか」という平均値を表すものです。

期待値=(エントリー額×利益率×勝率)−(エントリー額×負率)

の計算式で求めます。

例えば、

・1回のエントリー金額は10,000円
・ペイアウト率は1.90倍
・その手法の勝率が55%

の場合、期待値は450円となります。

(10,000×0.90×0.55)-(10,000×0.45)
=4,950-4,500
=450円

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは取引勝敗に応じて賭け金を変化させることで勝率を安定させ、利益を出す資金管理方法です。

具体的には取引で負けてしまった次の取引で賭け金を2倍にしていきます。

勝ったときにはまた最初の賭け金に戻し取引を続けていきます。

こうすることによって大幅な連敗がなければ損益なく利益を出し続けていくことが可能となります。

しかし連敗してしまいますと、急速に資金を減らしてしまいかねませんのでリスクの大きい取引方法といえます。

ですので、僕はマーチンゲールはあまりおすすめしません。

10%法

10%法とは、自分の持ち金の10%を投資する資金管理法です。

連勝時の利益は大きくなり、連敗中の資金の減少は緩やかになっていくのが10%法の特徴です。

【例】持ち金10000円ペイアウト率1.9倍の条件で10%法を使うと、

1回目の投資額は10,000円の10%=1,000円

1回目で勝つ:11,900円の10%=2回目の投資額は1,190円

1回目で負け:9,000円の10%=2回目の投資額は900円

関連記事:初心者がまず知るべきバイナリーの賭け方解説

初心者でもバイナリーオプションの勝率が上がるおすすめの方法

初心者がバイナリーオプションで利益を上げるためには、テクニカル分析やツールを使って勝率を少しでも上げていくことが必須です。

勝率を上げる方法として特におすすめなのが、「テクニカル分析+サインツール」です。

チャート分析をしながらサインを見ることで、エントリーの後押しとなります。

しかし、もちろんサインツールは優秀なものでなければ意味がありません。

現在、期間限定で優秀サインツールの無料体験版をプレゼントしております。

バイナリーオプションで高勝率なサインツールを期間限定でプレゼント

プレゼントするのは、マーチンなしで平均勝率73%を誇るサインツールの1通貨対応版(USD/JPY)です。

1通貨とはいえ有料級のツールですが、あえて無料で提供する理由は皆さんに是非稼いでほしいからです。

以下の無料メルマガからお受け取りください。

バイナリーオプションで勝ちたいという方は、この機会に是非ご利用ください!

※サインツールプレゼントには人数制限がございますのでお早めに!

メルマガ友達追加で、
最適なバイナリーオプション攻略手法とサインツールをGET!!

メルマガで特別な情報を受け取る

使用感を確かめて頂き、もしもご満足いただけたら、以下のリンクから正規版のご購入検討お願いします。

詳細記事:GOEMON(ゴエモン)の実績・ロジック・お客様の声が気になる方はコチラから

詳細記事:GOEMON(ゴエモン)を即購入したい方はコチラからどうぞ

初心者必見バイナリーオプション用語解説のまとめ

まとめ

バイナリーオプションでは覚えるべき様々な用語がありますが、いきなり全てを覚える必要はありません。

特に初心者の方はバイナリーオプションをやりながら覚えていくという姿勢でやった方がストレスなく用語を理解できるのでおすすめです。

この記事が皆さまのお役に立つことができれば幸いです。

初心者向けバイナリーオプションデモトレードのやり方

バイナリーオプションのデモトレードのやり方を動画で解説しています。是非ご覧ください。

コメント

  1. […] ●おすすめ記事:初心者必見バイナリーオプション用語解説 […]

  2. […] ①バイナリーオプションの基本用語を覚える ②チャートの見方・読み方を覚える ③値動きを分析するための攻略手法を知る ④資金管理方法を知る […]