MACDの裏技でバイナリーオプション攻略!ヒストグラムをライン表示にしよう!

攻略法

 

ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは!ありです。

今回は、MACDを用いたバイナリーオプション攻略について解説します。
MACDは多くの投資家に愛されるオシレーター系インジケーターですが、ヒストグラムが見づらくて、分かりにくいと感じている方はいるのではないでしょうか?

そんな方のために今回はMACDが圧倒的に見やすくなり、

エントリーポイントが分かりやすくなる裏技をご紹介します。

 

・MACDとは
・MACDのヒストグラムをライン表示にする方法
・ライン表示したMACDでバイナリーオプション攻略!手法解説!
・MACDと併用すべきおすすめのインジケーターとは?手法解説!
・MACDと合わせて使うと高勝率のツールとは
・まとめ

 

の順で解説していきます。
是非ご覧ください。

 

MACDとは

MACDとはオシレーター系のインジケーターで、
MACDの正式名称はMoving Average Convergence Divergenceです。
短期の移動平均線と中長期の移動平均線を用いて、買いと売りを判断するインジケーターです。
投資ジャンルを超えて多くの投資家が愛用しています。

見方としては、白い棒が連なるヒストグラムの動きと赤い線の動きを見ながら、
エントリーポイントを探していくというものです。

ゴールデンクロス、デッドクロスについて

MACDにはゴールデンクロスやデッドクロスがあり、そこでエントリーすることができれば
グッと勝率が高まるわけです。

基本的にはヒストグラムが下から赤い線を上に抜けたらゴールデンクロス
上から下に抜けたらデッドクロスとなります。

しかし、ここで問題があります。

デッドクロス、ゴールデンクロスを探すならヒストグラムじゃなくて
ラインの方が見やすいんじゃない?ってことです
実際ラインの方が見やすいです。

ですので以下の項目から
この白いヒストグラムをライン表示にして圧倒的に見やすくする裏技をご紹介します。

MACDのヒストグラムをライン表示にする方法

MACDのヒストグラムをライン表示にする方法は2つあります。
①既存のMACDに上書きしてヒストグラムをそのままライン表示にする
②別名で保存してヒストグラムがライン表示のMACDを作成する

どちらも手順はほぼ同じですが、今回は
万が一既存のMACDに問題が起きたら面倒ですので、
②に当たる、別名で保存してカスタムインディケータから使用できるように設定していきます。

まず
画像のように「ツール」から「メタエディター」を開いてください。

 

そのあとは上のように
「indicators」からMACDを選んでください

 

MACDをクリックすると上の画面になります。

 

そして上の画像のように36行目の「DRAW_HISTOGRAM」を「DRAW_LINE」
書き換えてください。

次はファイルから名前をつけて保存で「MACD2」のようにすぐにわかる名前にして保存して、コンパイルしましょう。ちなみに僕は「LINEMACD」にしました。

ここで、注意点ですが元の「MACD」には
きちんと元の「DRAW_HISTOGRAM」に戻しておいてください。

 


これで普通のMACDはヒストグラム表示のままで、
今回作成した「LINEMACD」にライン表示の見やすいMACDが作成できました。

 

今回作成した「LINEMACD」はインディケータのカスタムから表示できます。

今回はこれを使ってエントリーポイントを解説していきます。

ライン表示したMACDでバイナリーオプション攻略!手法解説!

まずはライン表示のメリットをご紹介します。

ライン表示にするメリット

・ゴールデンクロス、デッドクロスが圧倒的にわかりやすい

・ヒストグラム表示では見えにくい0ライン付近もライン表示ならわかりやすい

エントリーポイント解説!

いかがでしょうか?

ゴールデンクロス、デッドクロスが

かなり見やすいのではないのでしょうか?

ぼくはこちらの方が好きです。

しっかり見極めてエントリーポイントを見つけましょう。

しかし、MACDは単体ではなく他のインジケーターとも併用すべきです。

次の項目でおすすめのインジケーターをご紹介します。

MACDと併用すべきおすすめのインジケーターとは?手法解説!

ヒストグラムをライン表示したMACDとおすすめのインジケーターは
ストキャスティクスです。

ストキャスティクスとMACDでエントリーポイントを見つけよう

ストキャスティクスにもゴールデンクロス、デッドクロスがあります。

これを応用しましょう。

 

まず下のストキャスティクスにデッドクロスが出てますよね?

そして次にMACDでもデッドクロスが出ています。

これで、より下落するという期待が高まりました。

ローソク足を見てみましょう。しっかり下落してますよね。

このようにストキャスティクスとMACDでエントリーポイントが明確にわかります。
しかもラインだとわかりやすいのではないでしょうか。

そして、このようにストキャスティクスを使うことで圧倒的に勝率は高まります。

是非お試しください。しかし、さらに勝率を上げたいなら他の方法もあります。

以下で解説します。

MACDと併用してさらに勝率を上げるツールとは?

MACDで買われ過ぎ、売られ過ぎを把握してエントリーポイントを導き出すこの手法はとても頼りになります。

しかし、今回さらに勝率を上げるための秘策をご紹介します。
それは、ツールを併用することです。

ぼくのおすすめはサインツールと併用するのがおすすめです。
MACDは明確なエントリーポイントを教えてくれますが、
それだけに頼り切るのはすこし不安ですよね。
ですので
それをできるだけ優秀なサインツールで補助していく使い方になります。
でも、優秀なサインツールって高いイメージがありますよね?
実際高いですし・・・

しかし!!

いま、超有料級サインツールを以下の完全無料ラインサービスにご登録いただいた方からプレゼントしています。(人数制限あり)
こちらのサービスでは、バイナリーオプションの最新情報、攻略手法解説の配信を行なっています。
是非この機会にご登録ください。

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

「有村翔太」のLINE@

有村バイナリー

LINE@で特別な情報を受け取る

まとめ


いかがでしたか?
今回は

・MACDとは
・MACDのヒストグラムをライン表示にする方法
・ライン表示したMACDでバイナリーオプション攻略!手法解説!
・MACDと併用すべきおすすめのインジケーターとは?手法解説!
・MACDと合わせて使うと高勝率のツールと

の順で解説しました。

ヒストグラムをライン表示するだけでかなり見やすくなったのではないでしょうか?
以下のメルマガでは今回ご紹介したものより深いバイナリーオプションのブログでは書けない極秘手法を配信しています。
プレゼントもございますのでこの機会に是非ご登録ください。