エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法

攻略法
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは有村です。

この記事ではエリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法について、以下の順で解説していきます。

  • エリオット波動とは
  • エリオット波動のそれぞれの波の特徴
  • エリオット波動の3つの原則
  • エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法
  • エリオット波動と併せて効率的に稼ぐおすすめ手法
  • まとめ

エリオット波動は多くのトレーダーに活用される相場理論です。

この記事を読むことで、為替相場の規則性やバイナリーオプションで勝ちやすいポイントを知ることが出来ます。

ぜひ最後までご覧下さい。

バイナリーオプションに使えるエリオット波動とは

エリオット波動とは、米国の株式アナリスト「ラルフ・ネルソン・エリオット」が提唱した、株価変動の推移を表そうとするテクニカル理論です。

元々は株式投資におけるチャート分析の手法として誕生しましたが、現在ではFXやバイナリーオプションでも活用されています。

エリオット波動を簡単に説明すると、「相場は上昇→下降の波が一定の規則性を持って何度も出現する」という考え方です。

以下より、エリオット波動で唱えられている基本の考え方について解説致します。

エリオット波動の基本の考え方

エリオット波動理論によると、ひとつの相場には「5つの上昇波」「3つの下降波」が存在するとされています。

この8つの基本リズムをひとつの周期として、繰り返しながら進んでいくという考え方です。

・上昇5波は「推進波」とも言う
・下降3波は「修正波」とも言う
・下降の1波、2波、3波はそれぞれa波、b波、c波とも言う

現在の相場が8つのパターンの内どれに当てはまるのか?を考えることで、バイナリーオプションの値動き予想に活用出来ます。

エリオット波動上昇5波・下降3波をそれぞれ解説

エリオット波動上昇5波下降3波

では、エリオット波動の基本形である上昇5波・下降3波について、それぞれ以下から解説していきます。

上昇の第1波

上昇の第1波は、持ち合い相場が終わり少しトレンド方向に伸びた感じです。

ゆっくりとトレンド方向に推移します。

投資家が今の動きはトレンドを形成するのか疑っている状態なので、
まだこの段階では大きく動くことはほとんどありません。

上昇の第2波

第2波は、一時的な戻りです。

第1波によりトレンドの流れが形成されましたが、均衡を保つように戻りレンジ内に入ってしまうこともあります。

このような動きになる理由は、第1波の上昇によりトレーダーが利確をしたり、トレンドは起こらないだろうと判断したトレーダーが新規注文を入れるからです。
動きとしては比較的はっきりと戻ることが多いです。

上昇の第3波

第3波は、再びトレンド方向へとシフトする動きです。

第1波のような弱めの動きではなく、大きく動きます。

上昇全5波の中でも第3波は最も大きな値動きが期待でき、エリオット波動の中でも最も重要と言ってもいいでしょう。

下の項目でも説明しますが、第3波が第1波よりも短い場合はエリオット波動とはみなしません。

第1波でトレンド形成が見え始めたが、第2波で均衡状態に戻されつつも、それを押しのけて伸びきるのが第3波となります。

第3波が大きく動きやすい理由は、第3波時点で多くの投資家が「これは本物のトレンドだ」と判断して買いを入れるためです。

上昇の第4波

第4波に関しては第3波が終わるのかどうかというところで、下降とも上昇とも取れないようなレンジに近い動きをすることが多いです。

後ほど図を用いて解説しますが、第4波は第1波の高値を下回りません。

(上の画像だとちょっと分かりにくいですね…。)

上昇の第5波

第5波は第3波と同じく大きく伸びがちです。

この第5波が第3波よりも大きく伸びることもあります。

大きく伸びることを予想しての順張りが有効です。

しかし、あまり長く見すぎるとエリオット波動が終わってしまうこともありますので注意しましょう。

下降の第1波

下降の第3波は、下降トレンドになる起点となる波です。

ここでは割合、大きな下げが起こりやすいです。

これは上昇5波で利益を出した投資家たちが利確したり、逆張り狙いのトレーダーが動き始めるからです。

下降の第2波

下降の第2波は、第1波の戻り勢力です。

この戻りは、未だに上昇トレンドは続いているはずだと考えているトレーダーが買いを一時的にいれている状態です。

しかし、結局は戻しきれず三山やダブルトップになりやすいです。

下降の第3波

下降の第3波は、売りの勢力が高まり下落していく動きが強い波です。

投資家たちが、下降の第1波より前の上昇トレンドが終了したと明確に判断したからです。

下降の第3波の特徴としては、大きく下落に動きやすい点が挙げられます。
(明確に上昇トレンドが終了したと判断される場合が多いため)

エリオット波動が成立する3原則

上でも少し触れていますが、エリオット波動には3つの原則があります。

この3原則は、エリオット波動が成立するためルールのようなものです。

それぞれ図で解説します。

エリオット波動の原則①第3波が最も短くなることはない

ルール3

エリオット波動の原則1つ目は、上昇第1波、第3波、第5波の上昇波の中で、第3波が最も短くなることはないということです。

チャート分析をする中でも、もしも第3波が最短であるなら、第3波の分析開始地点を間違えていることを疑いましょう。

エリオット波動の原則②第2波は第1波の開始地点を下回らない

ルール2

エリオット波動の原則2つ目は、第2波の底値が第1波の開始地点を下回ることはないということです。

もしもこれが下回った場合は分析開始地点が間違っている可能性が高いです。

エリオット波動の原則③第4波が第1波の高値を割り込むことはない

 

ルール1

エリオット波動の原則3つ目は、第4波の安値が第1波の高値を下回ることはないということです。

もしも、下回っている場合は波のカウントを再度確認しなくてはいけません。

エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法

では、この項よりエリオット波動でバイナリーオプションを攻略する方法をご紹介します。

今回使用するインジケーターは、ジグザグ(ZigZag)パラボリックSARです。

まず、このエリオット攻略法を使用する際のおすすめ取引時間について解説した後、エントリー手順、エントリーポイントを解説致します。

エリオット波動攻略法のおすすめ取引時間

バイナリーオプションでエリオット波動を用いる場合、おすすめ取引時間は1時間以上です。

バイナリーオプションは短期取引がメインなので1時間以上の取引はあまり馴染みがない方もいるかもしれませんが、相場分析をしっかりと行いたいという方にとっては、エリオット波動は必須の知識です!

是非この機会にエリオット波動の概要、使い方を覚えていただければと思います。

なお、バイナリーオプションの短期取引で高勝率な逆張り攻略法は、次の記事で解説していますのでぜひご覧ください!

エリオット波動攻略法のエントリー手順

ジグザグ(ZigZag)パラボリックSARを用いたエリオット波動攻略法の手順は、以下の通りです。

①インジケータージグザグ(ZigZag)とパラボリックSARを表示
②ジグザグ(ZigZag)を使って波の兆候を確認
→ジグザグ(ZigZag)は今の波がいくつ目なのか判断が行いやすい。
③4波がきたら5波に移行する予測を立てる
④5波への移行を判断する際にパラボリックの指標を用いる
⑤ローソク足の上下どちらかにパラボリックの点が3つ続いた時点で順張りエントリー

手順⑤の5波が発生したと判断する指標は、以下の通りです。

上昇のエリオット波動:ローソク足の下に点が3つ続いたとき
下降のエリオット波動:ローソク足の上に点が3つ続いたとき

エリオット波動攻略法のエントリーポイント解説

エントリーポイント解説1

手順通り、まずはジグザグで見やすくしましょう。

【ZigZag(ジグザグ)の表示】
「挿入」→「インディケータ」→「カスタム」→「ZigZag」
【ZigZag(ジグザグ)のパラメーター設定】
基本的には初期設定の「Depth12、Deviation5、Backstep3」の値でOKです

エントリーポイント解説2

ジグザグを表示するとこのような感じで見やすくなります。

※今回は見やすくする為、太い線を用いています。

エリオット波動の第3波、第4波が確認できたら、次は第5波が来ると予想できます。

一時的な4波の戻りを見て、どこで反発するのかを予想します。

その際に、役に立つのがパラボリックSARです。

【パラボリックSARの表示】
「挿入」→「トレンド」→「インディケータ」→「Parabolic SAR」
【パラボリックSARのパラメーター設定】
基本的には初期設定の「ステップ0.02、上限0.2」の値でOKです

エントリーポイント解説3

赤い点がパラボリックとなります。

4波が終わり、ローソク足の下にパラボリックの点が3つ確認できました。

第5波の開始とみなし順張りエントリーを行いましょう。

上のチャートでは、ちょうど黄色矢印のところが順張りエントリーポイントとなります。

エリオット波動で相場の大局観が掴めたら、次は短期取引を極めよう!

今回ご紹介したエリオット波動攻略法により、大局的なトレンドを把握することができ、順張り取引で勝率を大きく伸ばすことが可能です。

しかし、この攻略法は1時間取引に適しているため、エントリーポイントは少なくなってしまいます。

エリオット波動で相場の大局観が掴めたら、次は短期取引で勝てるポイントを見極められるようになりましょう!

今回ご紹介したエリオット波動の「上昇5波・下降3波」をさらに分解して見てみると、それぞれの波はさらに小さなエリオット波動で構成されているのがわかります。

バイナリーオプションで稼ぐコツは、この小さな波の反転ポイントを見て、短期取引の逆張りで勝っていくことです。

しかし、1分や5分などの短い取引時間の中でエントリーポイントを見極めることは難しいです。

そこでおすすめなのが、「テクニカル分析+サインツール」を使う方法です。

チャート分析をしながらサインを見ることで、エントリーの後押しとなります。

しかし、もちろんサインツールは優秀なものでなければ意味がありません。

現在、期間限定で優秀サインツールの無料体験版をプレゼントしております!

バイナリーオプションで高勝率なサインツールを期間限定でプレゼント

プレゼントするのは、マーチンなしで平均勝率73%を誇るサインツールの1通貨対応版(USD/JPY)です。

1通貨とはいえ有料級のツールですが、あえて無料で提供する理由は皆さんに是非稼いでほしいからです。

以下の無料ライン@からお受け取りください。

また、ツールのプレゼントだけでなく、このライン@では

●勝率の高い手法は?
●エントリーポイントは?

といった攻略情報や、個別での質問受付も行っています。

バイナリーオプションで勝ちたいという方は、この機会に是非ご利用ください!

※サインツールプレゼントには人数制限がございますのでお早めに!

メルマガ友達追加で、
最適なバイナリーオプション攻略手法とサインツールをGET!!

メルマガで特別な情報を受け取る

使用感を確かめて頂き、もしもご満足いただけたら、以下のリンクから正規版のご購入検討お願いします。

詳細記事:GOEMON(ゴエモン)の実績・ロジック・お客様の声が気になる方はコチラから

詳細記事:GOEMON(ゴエモン)を即購入したい方はコチラからどうぞ

エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法のまとめ

エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法のまとめ

今回は以下の順でエリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法について解説しました。

  • エリオット波動とは
  • エリオット波動のそれぞれの波の特徴
  • エリオット波動の3つの原則
  • エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法
  • エリオット波動と併せて効率的に稼ぐおすすめ手法
  • まとめ

今回の記事を読んだあなたには以下の記事もおすすめです。

コメント

  1. […] 攻略法 長いヒゲでバイナリーオプション攻略!手法解説 攻略法 エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法 攻略法 パラボリックSARを用いたバイナリーオプション攻略手法 […]

  2. […] バイナリーオプションを動画で攻略!おすすめチャンネル比較まとめ 攻略法 エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法 攻略法 […]

  3. […] 一目均衡表の「雲」と移動平均線でバイナリーオプション攻略 攻略法 エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法 攻略法 エンベロープでバイナリーオプション攻略!高勝率の手法解説 […]

  4. […] 攻略法 バイナリーオプション攻略法!アービトラージは最強?! 攻略法 エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法 攻略法 […]