エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法

攻略法
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは有村です。

この記事ではエリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法について以下の順で解説していきます。

  • エリオット波動とは
  • エリオット波動のそれぞれの波の特徴
  • エリオット波動の3つの原則
  • エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法
  • エリオット波動の注意点
  • まとめ

この記事を読むことでバイナリーオプションやFXで使えるエリオット波動について全容を知ることができ、バイナリーオプションですぐにエントリーできる知識を身につけることができます。

 

関連記事:実はグランビルの法則は3つのポイントを抑えるだけ

エリオット波動とは

エリオット波動とは

エリオット波動とは「ラルフ・ネルソン・エリオット」が提唱した、株式投資についての市場平均の推移を表そうとするテクニカル理論です。

エリオット波動はFXでよく使われるので聞いたことがある人も多いでしょうが、バイナリーオプションでも活用できます。

ではそれぞれの波動について以下から解説していきます。

エリオット波動上昇5波・下降3波をそれぞれ解説

エリオット波動上昇5波下降3波

エリオット波動上昇5波・下降3波をこの項で解説していきます。

・上昇波は推進波と言うこともる

・下降波は修正波と言うこともある

・下降の1波、2波、3波はそれぞれa波、b波、c波と言うこともある

上昇の第1波

第1波は、持ち合い相場が終わり、少しトレンド方向に伸びた感じです。

上の図の①にあたります。

ゆっくりとトレンド方向に推移します。

投資家が今の動きはトレンドを形成するのか疑っている状態なのでまだこの段階では大きく動くことはほとんどありません。

上昇の第2波

第2波は、一時的な戻りです。

上の図の②にあたります。

第1波によりトレンドの流れが形成されましたが、均衡を保つように戻りレンジ内に入ってしまうこともあります。

このような動きになる理由は、第1波の上昇によりトレーダーが利確をしたり、トレンドは起こらないだろうと判断したトレーダーが新規注文を入れるからです。

動きとしては比較的はっきりと戻ることが多いです。

上昇の第3波

第3波は、再びトレンド方向へとシフトする動きです。

上の図の③にあたります。

第1波のような弱めの動きではなく、大きく動きます。

上昇全5波の中でも第3波は最も大きな値動きが期待でき、エリオット波動の中でも最も重要と言ってもいいでしょう。

下の項目でも説明しますが、第3波が第1波よりも短い場合はエリオット波動とはみなしません。

第1波でトレンド形成が見え始めたが、第2波で均衡状態に戻されつつも、それを押しのけて伸びきるのが第3波となります。

第3波が大きく動きやすい理由は、第3波時点で多くの投資家がついに、これは本物のトレンドだと判断して買いを入れるためです。

上昇の第4波

第4波に関しては第3波が終わるのかどうかというところで、下降とも上昇とも取れないようなレンジに近い動きをすることが多いです。

上の図の④にあたります。

下の項で図を用いて解説しますが第4波は第1波の高値を下回りません。

上昇の第5波

第5波は第3波と同じく大きく伸びがちです。

この第5波が第3波よりも大きく伸びることもあります。

上の図の⑤にあたります。

大きく伸びることを予想しての順張りが有効です。

しかし、あまり長く見すぎるとエリオット波動が終わってしまうこともありますので注意しましょう。

下降の第1波

下降トレンドになる起点となる波です。
ここでは割合、大きな下げが起こりやすいです。

これは上昇5波でにより利益を出した、投資家たちが利確したり、逆張り狙いのトレーダーが動き始めるからです。

下降の第2波

下降の第1波の戻り勢力です。

この戻りは、未だに上昇トレンドは続いているはずだと考えているトレーダーが買いを一時的にいれている状態です。

しかし、結局は戻しきれず三山やダブルトップになりやすいです。

下降の第3波

投資家たちが、下降の第1波より前の上昇トレンドは終了したと、ここで明確に判断して売りの勢力が高まり下落していく動きが強い波です。

特徴としては、明確に上昇トレンドが終了したと判断される場合が多いので大きく下落に動きやすい点が挙げられます。

エリオット波動の3つのルール(原則)

上でも少し触れていますがエリオット波動には3つの原則があります。

それぞれ図で解説します。

ルール1

ルール1

第4波のボトムが第1波のトップを下回ることはない。

もしも、下回っている場合は波のカウントを再度確認しなてはいけません。

ルール2

ルール2

第2波の底値は第1波の開始地点を下回ることはありません。

もしもこれが下回った場合は分析開始地点が間違っている可能性が高いです。

ルール3

ルール3

第1波、第3波、第5波の上昇波の中で第3波が最も短くなることはありません。

もしも、第3波が最短であるなら第3波の分析開始地点を間違えていることを疑いましょう。

エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法

エリオット 攻略 手法 エントリーポイント

エリオット波動とジグザグ(ZigZag)パラボリックSARを用いたバイナリーオプション攻略手法をご紹介します。

エリオット波動を用いる場合のおすすめ取引時間は1時間以上です。

バイナリーオプションは短期取引がメインなので1時間以上の取引はあまり馴染みがない方もいるかもしれませんが、エリオット波動はFXでも重宝しますので裁量をレベルアップしたい方は是非覚えましょう。

関連記事:人には教えたくないパラボリックSARを用いたバイナリーオプション攻略手法

エントリー手順

①インジケータージグザグ(ZigZag)とパラボリックSARを表示

②ジグザグ(ZigZag)を使って波の兆候を確認

→ジグザグ(ZigZag)は今の波がいくつ目なのか判断が行いやすい。

③4波がきたら5波に移行する予測を立てる

④5波への移行を判断する際にパラボリックの指標を用いる

⑤ローソク足の上下どちらかにパラボリックの点が3つ続いた時点で順張りエントリー

→上昇のエリオット波動ならローソク足の下に点が3つ続いたとき、下降のエリオット波動ならローソク足の上に点が3つ続いた時点で5波が発生したと判断します。

エントリーポイント解説

エントリーポイント解説1

手順通り、まずはジグザグで見やすくしましょう。

エントリーポイント解説2

ジグザグを表示するとこのような感じで見やすくなります。

※今回は見やすくする為、太い線を用いています。

次はパラボリックを表示します。

エントリーポイント解説3

赤い点がパラボリックとなります。

3波、4波が確認できたら反発が来ると予想できます。

一時的な4波の戻りを見てどこで反発するのかを予想します。

その際に、役に立つのがパラボリックです。

4波が終わり、ローソク足の下に3つの点が出た時点で5波の開始とみなし順張りエントリーを行いましょう。

上のチャートでは、ちょうど黄色矢印のところが順張りエントリーポイントとなります。

エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法の注意点

エリオット波動は多くのトレーダーに信用される相場理論です。

大局的なトレンドを把握することができ、順張りでの取引で勝率を大きく伸ばすことができます。

しかし、逆に言えば短期取引メインのバイナリーオプションは逆張りがメインなので絶対に必要というわけではありません。

つまりエリオット波動はバイナリーオプションでは多用することはありません。

しかし、ゆくゆくFXに移行したい人や相場分析をしっかりと行いたいという方にとってはエリオット波動は必須の知識ですので是非この機会にエリオット波動の概要、使い方を覚えていただければと思います。

関連記事:バイナリーオプション5分取引で使える高勝率の手法解説

エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法のまとめ

まとめ

今回は以下の順でエリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法について解説しました。

  • エリオット波動とは
  • エリオット波動のそれぞれの波の特徴
  • エリオット波動の3つの原則
  • エリオット波動を用いたバイナリーオプション攻略手法
  • エリオット波動の注意点
  • まとめ

さらに詳しいバイナリーオプション攻略手法が気になる方は以下の無料ライン@サービスにご登録ください。

長年バイナリーオプション・FXでトレードしてきた僕が個別で質問を受け付けております。

また、期間限定でバイナリーオプションの超有料級サインツールをプレゼントしております。

この機会に是非ご登録ください。

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

「有村翔太」のLINE@

有村バイナリー

LINE@で特別な情報を受け取る