バイナリーオプション逆張り攻略!おすすめインジケーター組み合わせTOP3

攻略法
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは!メガネが本体ことアリです。

本日はバイナリーオプションの逆張りに最適なインジケーターをご紹介します!

 

・逆張りおすすめインジケーター3選

・逆張りにおいてのインジケーター組み合わせ3選

・まとめ

 

の順で解説していきます。興味のある方はぜひご覧ください。

 

『んー逆張りってやっぱり難しい・・・』

そう思っているバイナリーオプショントレーダーの皆さんも多いのはないでしょうか?

ということで、まずはバイナリーオプション攻略には欠かせないおすすめのインジケーターをご紹介していきます。

バイナリーオプション攻略!逆張りにおすすめインジケーター3選!

逆張り攻略におすすめインジケーターTOP3を発表していきたいと思います!!

1:MACD(マックディー)

移動平均線をもとに、2本のラインの乖離(かいり)を表したテクニカル指標です。チャートにシグナルライン、MACD線、0ラインの3本の線を表示して分析を行います。MACD線が上にのびている時は相場は上昇傾向、下に伸びている時は下降傾向です。

順張り、逆張り攻略ともに使用できる優秀なインジケーターとなっています。

2:ストキャスティクス

チャートに出すと、0~100%の間で表示される2本の線が表れます。それぞれを「%K線」「%D線」とよびます。

「%K線」→メインの短期線、「%D線」⇨シグナルサインとなる中期線です。上記2つの線や%の大小で相場の状況を解りやすく表示してくれます。

100%に近づくと、現在の為替が過去の最高値に近くなっているということで「買われすぎ」となり、0%に近づくと、為替が過去の最安値に近くなっているということで「売られすぎ」となります。

買われすぎ、売られすぎを判断して取引を行うテクニカル指標になですので、逆張りに強いですね。

50%であれば、最高値と最安値のジャスト真ん中となります。

 

 

3:ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均を表す線(移動平均線)と、そこから一定の偏差値分、上下に値動きの幅を示す線を持つ指標(テクニカル指標)です。

中心のラインが移動平均線であり、内側から±1σ(シグマ)・±2σ・±3σと6本のラインも同時に表示されます。

・±1σ ⇨ 68.3%
・±2σ ⇨ 95.5%
・±3σ ⇨ 97.7%(画像では表示させていません。必要に応じて表示させましょう)
※確率は経済エコノミストやトレーダーの解釈によって異なることがあります。

±2σ、±3σに相場が触れた場合に、内に帰ろうとする反発を狙い、逆張りでのエントリーが基本となります。

上記では、逆張り攻略していく上で単体でも有用なインジケーターをご紹介しました。

今回おすすめ3選には入れていませんが、他にもかなりオススメできるインジケーターや手法があります。

ブログでは長くなるので割愛していますが、気になる方は以下のライン@にご登録ください。

こちらは完全無料の個別対応サービスです。バイナリーオプションの手法や最新情報はもちろん、

人数制限はありますがサインツールのプレゼントも行なっていますので、ぜひご登録ください。

気に入らない場合はいつでも登録解除できますのでお気軽にどうぞ

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

「有村翔太」のLINE@

有村バイナリー

LINE@で特別な情報を受け取る

 

バイナリーオプション逆張り攻略!インジケーター組み合わせTOP3!

おすすめのインジケーターを基に使える組み合わせを発表!

インジケーターを組み合わせて、ぜひ逆張りを攻略していきましょう!

3位:MACD+ストキャスティクス

MACDはトレンドの転換を読み取り、ストキャスティクスは相場の買われすぎ、売られすぎという相場の強弱を読み取ります。トレンドを把握できるMACDでストキャスティクスの緻密な動きを補助するイメージですね。

重要な部分は、ストキャスティクスの「%K線」「%D線」のクロス。さらに、MACD線の向きです。

「%K線」が「%D線」を上から下に突き抜けたらデッドクロスが発生します。つまり、相場が下降トレンドへ転換する合図となります。

「%K線」が「%D線」を下から上に突きぬけたらゴールデンクロスが発生します。つまり、相場が上昇トレンドへ転換する合図です。

各クロスの発生と、MACD線の向きを把握できたら、エントリーしましょう。

エントリーポイント1】
MACD線が上昇トレンド傾向(上向き)
ストキャスティクスにゴールデンクロスが出ている。

【エントリーポイント2】
MACD線が下降トレンド傾向(下向き)
ストキャスティクスにデッドクロスが出ている。

 

2位:MACD+RSI

MACDはシグナルラインと0ラインの交差で、トレンド予測が可能です。シグナルラインが0ラインを、上から下に突き抜けたら、上昇トレンド転換のサインとなります。シグナルラインが0ラインを、下から上に突き抜けたら下降トレンド転換のサインです。

3位で紹介したストキャスティクスと組み合わせた時と異なるのは、シグナルラインの動きに加え、RSIの角度やパーセンテージに注目するということです。

【エントリーポイント】

シグナルラインが0ラインを突き抜ける
RSIが30%以下であり、70%以上。※角度が急なほど良い

30秒のような取引時間の場合、RSIのパーセンテージを把握してから動いても、エントリータイミングが遅くなることがあり得ます。RSIの角度を認識して「30%や70%付近に行きそう!」という感覚でも使用するのもアリです。取引時間の長短に応じて使い分けるのが良いでしょう

1位:ボリンジャーバンド+RSI

ボリンジャーバンドは逆張りでエントリーする時は、為替レートが±2σ、±3σにタッチした時に行うことが基本です。

これにRSIを組み合わせることで、さらに高い精度でのエントリーが行えるようになります。1つのサインだけでエントリーするのではなく、ボリンジャーバンドとRSIのどちらのサインも確認する習慣を身につけてください。

【エントリーポイント】

為替レートがボリンジャーバンドの-3σか-2σに触れているか、突き抜けている。
RSIの角度が鋭角である。

ボリンジャーバンドに触れる、もしくは、突き抜けたら、エントリーのチャンス。RSIの角度にも注目しましょう。RSIは線がゆるやかだと、騙しが発生しやすいです。逆に、線が急だと騙しは発生しにくいです。ボリンジャーバンドだけでも悪くはないのですが、RSIと合わせることで、相場の転換点をより見極めることが可能です。

『逆張りエントリーやってみたいけど、騙しがこわい・・・』

と感じている方にこそ、使用してほしい組み合わせですね。

今回はバイナリーオプションの逆張り攻略におすすめのインジケーター組み合わせTOP3をご紹介しました。

今回はご紹介できませんでしたが、さらにおすすめの逆張りの攻略手法があります。

以下の完全無料のメルマガで配信中ですので、バイナリーで勝率をあげたいと考えている方は

是非ご登録ください。人数制限ございますが攻略法をまとめたPDFもプレゼントしています。

登録解除もいつでも行えますので、お気軽にどうぞ

 

まとめ

いかがでしたか?
バイナリーの逆張りは、難しいと感じている方も多いと思います。だからこそ、インジケーターを組み合わせ、確率を上げたいですよね?
今回取り上げたものは、一例です。その時どきの相場の状況、投資家一人ひとりの好みや相性によって、最良の組み合わせは変わってきます。自由に組み合わせて検証を行うのも、バイナリーの攻略の良い勉強になると思いますよ

 

動画で学習!バイナリーオプション攻略!逆張りノウハウを学ぼう!!