ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法

攻略法
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは!アリです。
今回はピボットポイントPP)を用いたバイナリーオプション攻略手法について解説します。

ピボットポイント(PP)を知らない方もいると思いますが、シンプルな方法でエントリーポイントを導き出すことが可能なインジケーターです。
以下の順で解説していきます。

  • ピボットポイント(PP)とは
  • ピボットポイント(PP)の設定数値
  • ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法
  • ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法の注意点
  • ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法のまとめ

ぜひご覧ください。

ピボットポイント(PP)とは

ピボットポイント(PP)とは

簡単に説明すると、前日の値動きの平均値をライン状にしてチャート上に表したものです。
以下がピボットポイントの計算式です。

ピボットポイント(PP)=(前日の終値+安値+高値)/3

画像の水色のラインがピボットポイント(PP)です。
そのほかの線はレジサポラインのようなものです。
真ん中のピボットポイントを基準として上の線が順に

R1・R2・R3

下の線が

S1・S2・S3

となります。

R1・R2・R3、S1・S2・S3の線に近づくと反発することが多いです。
今回はこの性質を用いてバイナリーオプションを攻略します。
イメージ的にはフィボナッチリトレースメントの使い方に近いですね。

ピボットポイント(PP)はMT4に初期搭載されていませんので、まだ導入していない方は以下からダウンロードしてください。

ピボットポイント(PP)ダウンロードはコチラ

ピボットポイント(PP)の設定数値

ピボットポイント(PP)の設定数値

導入したら、次は設定数値を見ていきましょう。
パラメーターの入力を以下に変更してください。

TimePeriod:H1
CountPeriods::500

FXだとTimePeriodがD1であることが多いですが、短期取引のバイナリーオプションですのでこの値にします。
その他の設定はデフォルトでOKです。

今回は1分取引、5分取引を想定して設定数値を算出しています。

関連記事:5分取引で使える高勝率手法解説

ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法

ピボットポイントを用いた攻略法を手順、エントリーポイント解説の順に説明していきます。

上述の通り1分、5分取引で行いましょう。

エントリー手順

①ローソク足が各ラインに触れる
②RSIの値が30以下or70以上
③逆張りでエントリー

※ローエントリー=Rのラインに触れる且つRSIが30以下
ハイエントリー=Sのラインに触れる且つRSIが70以上

つまり基本的にはRのラインはサポートラインのようには使わない方がいい(ハイエントリーの指標に使わない)

Sのラインはレジスタンスラインのようには使わない方がいい(ローエントリーの指標に使わない)
ということです(もちろん例外はあります)

これだけの手順です。シンプルですが、とても心強い手法です。
エントリーポイントも多めですので、あとは自分の裁量(ローソク足分析など)をプラスして根拠を高めましょう。

以下から実際のエントリーポイントを見ていきます。

エントリーポイント解説

エントリーポイント解説
画像をご覧ください。

丸の部分でローソク足の実態がR2のラインにぶつかっています。
さらにRSIの値が70です。
ここでローエントリーしましょう。

※ローエントリー=Rのラインに触れる且つRSIが30以下
ハイエントリー=Sのラインに触れる且つRSIが70以上

サインツール+ピボットポイントバイナリーオプション攻略手法

ピボットポイント+サインツールを用いた攻略法を手順、エントリーポイント解説の順に説明していきます。
今回用いるサインツールは僕の開発した「ネクストレベル」を用います。
逆張り短期取引用の自動学習型サインツールとなっています。

サインツール「ネクストレベル」の実績・ロジック・詳細が気になる方はコチラ

エントリー手順

①ローソク足が各ラインに触れる
②ネクストレベルのサインが点灯
③逆張りでエントリー

たったこれだけですので非常にシンプルです。

エントリーポイント解説

エントリーポイント解説2

S1のラインに触れて、サインが点灯している赤丸がエントリーポイントです。

この場合だと逆張りでハイエントリーとなります。

この方法は非常にシンプルなのに超高勝率です。

初心者の方でもおすすめです。是非本手法をお試しください。

※基本的にSのラインに触れたときはハイエントリー、Rのラインに触れたらローエントリーです。

「手法だけ紹介されても持ってないから使えない」という方は以下をご覧下さい。

今回使用したサインツールをプレゼント

プレゼント

今回、上記でご紹介したサインツールの1通貨対応版(USD/JPY)をプレゼント致します。

以下のライン@からお受け取り下さい。

このサービスでは普段、バイナリーオプション最新情報や攻略手法を配信しています。

プレゼントは期間限定ですのでお早めにどうぞ。

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

「有村翔太」のLINE@

有村バイナリー

LINE@で特別な情報を受け取る

ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法の注意点

注意点

ここまで、ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法について紹介してきましたがピボットポイント(PP)には注意点があります。

それは、ダマシが比較的多いことです。

エントリーポイントが多い分、これは仕方のないことですが、上記の攻略手法のようにオシレーター系のインジケーターや優秀サインツールと合わせて使い、出来るだけダマシを回避していきましょう。

ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法まとめ

まとめ
今回は以下の順でピボットポイント(PP)バイナリーオプション攻略手法について以下の順で解説しました。

  • ピボットポイント(PP)とは
  • ピボットポイント(PP)の設定数値
  • ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法
  • サインツール+ピボットポイントを用いたバイナリーオプション攻略手法
  • ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法の注意点
  • ピボットポイント(PP)を用いたバイナリーオプション攻略手法のまとめ

ピボットポイント(PP)は導入がすこし面倒くさいですが使いこなせば便利なインジケーターです。

是非、活用してみてくださいね。

今回の記事を読んだあなたには以下の記事もおすすめです。

おすすめ記事:バイナリーオプション逆張り攻略手法4選

動画でバイナリーオプション攻略!逆張りで守るべき3か条

以下でバイナリーオプション逆張りで守るべき3か条を解説しています。
是非ご覧ください。