バイナリーオプション逆張り攻略手法4選

攻略法
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは有村です。
この記事ではバイナリーオプション逆張り攻略手法を基礎的なものからマイナーだけど高勝率のものまで4つご紹介します。

以下の順で解説します。

  • バイナリーオプションにおける逆張りとは
  • ボリンジャーバンド+RSI
  • エンベロープ+ストキャスティクス
  • CCI+RSI
  • サインツール+ライントレード
  • バイナリーオプション逆張り攻略手法のまとめ

ぜひご覧ください。

最新のチャート予報や豆知識が学べる有村翔太公式ツイッターはこちら

バイナリーオプションにおける逆張りとは

逆張り とは

バイナリーオプションの逆張りとは、現在の値動きの反対方向にエントリーを行う取引方法です。

逆張りは主にレンジ相場で使われます。

相場の8割はレンジ相場ですので逆張りを理解できれば一気に稼ぎやすくなります。

短期取引メインのバイナリーオプションにおいて逆張りは非常に相性が良く、逆張りを攻略できるかどうかが稼げるトレーダーの分かれ道と言っても差し支えありません。

バイナリーオプション逆張り攻略手法①ボリンジャーバンド+RSI

ボリンジャーバンド RSI

1つ目にご紹介するバイナリーオプション逆張り攻略手法は、王道の「ボリンジャーバンド+RSI」の手法です。
はじめにエントリー手順、次にチャート上でエントリーポイントを解説します。

エントリー手順

エントリー手順は以下になります。

① レンジ相場確認
②RSIが70or30の値を抜ける
③ローソク足(実体)がボリンジャーバンド±3σ触れるか抜ける
④逆張りエントリー

設定数値は以下です。

●RSI
レベル表示:30、70
適用価格:close
期間:14

●ボリンジャーバンド
偏差:3
適用価格:close
期間:21

エントリーポイント解説

ボリンジャーバンド RSI エントリーポイント

バイナリーオプション逆張り攻略手法②エンベロープ+ストキャスティクス

エンベロープ ストキャスティクス
2つ目にご紹介するバイナリーオプション逆張り攻略手法は「エンベロープ+ストキャスティクス」の手法です。

エンベロープを聞き慣れない方もいるかもしれませんが、使い方はボリンジャーバンドとほとんど一緒ですので難しく考える必要はありません。
またストキャスティクスに関しては、おそらく多くの方が聞いたことはあると思います。
この項では上記の2つを合わせた攻略手法を解説します。

上と同様にはじめに手順を説明してからチャート上でエントリーポイントを解説します。

エントリー手順

エントリー手順は以下になります。

①レンジ相場確認
②ローソク足がエンベロープの線に触れるのを確認
③ストキャスティクスのゴールデンクロス、デッドクロスを確認
④逆張りエントリー

設定数値は以下の通りです。

●エンベロープ
適用価格:
期間:21
偏差:0,30

●ストキャスティクス
+%K期間:14
+%D期間 :3
スローイング: 3

エントリーポイント解説

エンベロープ ストキャスティクス エントリーポイント

まず、エンベロープにローソク足の実体がタッチしています。
そして、ストキャスティクスのゴールデンクロス確認 。ハイエントリーしましょう。

バイナリーオプション逆張り攻略手法③CCI+RSI

CCI RSI

3つ目にご紹介するバイナリーオプション逆張り攻略手法は、「CCI+RSI」の手法です。
CCIとRSIはどちらもオシレーター系のインジケーターですが、この2つはそれぞれ用途が違います。
それぞれの利点を活かせば、バイナリーオプションの逆張りを効率的に攻略できます。
エントリー手順を紹介したのち、エントリーポイントを解説いたします。

エントリー手順

エントリー手順は以下になります。

●ハイエントリーの場合
①レンジ相場確認
②RSIが35〜65で推移
③CCIが-160のラインを抜ける
④逆張りでハイエントリー
●ローエントリーの場合
①レンジ相場確認
②RSIが35~65で推移
③CCIが160のラインを抜ける
④逆張りでローエントリー

手順を見れば分かると思いますが、この手法はCCIとRSIの設定値がデフォルトではできません。
設定値はそれぞれ以下になります。

●CCI
レベル表示:160、-160
適用価格:close
期間:14

●RSI
レベル表示:35、65
適用価格:close
期間:14

エントリーポイント解説

CCI RSI エントリーポイント

まず2つのエントリーポイントどちらもRSIの値が35~65の範囲内です。

そして、CCIの値が160以上です。

黄丸のエントリーポイントで逆張りでエントリーしましょう。

この逆張り攻略手法の注意点はしっかりとレンジ相場を見極めなければいけないという点です。
(逆張り手法はどれもそうかもしれませんが・・・)
RSIをこのレベル表示にしているのは、レンジ相場の見極めの意味もあります。
しかし、35~65の内だからといって必ずしもレンジになるとは限りません。

レンジ相場はチャート上でラインを引いてよく確認して見極めましょう。

次の逆張り攻略手法では、そのラインを用いた手法をご紹介します。

バイナリーオプション逆張り攻略手法④サインツールネクストレベル+ライントレード

サインツール ライントレード ネクストレベル

4つ目にご紹介するバイナリーオプション逆張り攻略手法は、「サインツールネクストレベル+ライントレード」です。
ネクストレベルとは、僕が開発した逆張り向きのマーチンなしで勝率7割を狙えるサインツールです。

サインツール「ネクストレベル」の詳細はコチラ

ライントレードは、基本的にレジサポラインがメインです。
この項では、上記2つを合わせた超勝率手法をご説明します。

エントリー手順

エントリー手順は以下になります。

①レンジ相場確認
②レジスタンスライン・サポートラインを引く(更新し続ける)
③直近のレジサポラインにローソク足(実体推奨)がぶつかる
④サインの点灯
⑤エントリー

エントリーポイント解説

この手法はラインを用います。

ですので、ラインを引く順番とエントリーポイントをチャート上で解説したのち、さらに勝率の上がるコツもご紹介します。

サインツール ライントレード 1

上記の画像の順番でラインを引いていきましょう。

ラインにぶつかって且つサイン点灯でエントリーしましょう。

ここで最も重要になるのが、レンジ相場を見極めることです。

その見極めがはじめは難しいですが、慣れてくると分かるようになります。

しかし、わからない方の為に以下でレンジ相場を見つけるコツをご紹介します。

レンジ相場を見つけるコツは移動平均線(200)を表示させるだけです。

以下のチャート画像をご覧ください。

サインツール ネクストレベル 2

レンジ相場を見つけるのが難しい方はまずトレンド相場を発見するところから始めましょう。

大きなトレンドでも必ず、レンジ相場に移行する時がきます。

そのトレンド確認する際に、移動平均線(200)が役に立ちます。

移動平均線を離れてトレンドが現れている場合、一定の時間経過後、多くの場合レンジ相場が現れます。レンジは強いトレンド中に出ると確認が楽になります。この瞬間を見計らってトレードしましょう。

また、この時の画像ではピンク四角がエントリーポイントとなります。

「ネクストレベル+ライントレード」の手法は逆張りで最もおすすめの手法です。

ぜひ活用してみてください。

しかし、いきなりこのツールを買ってくださいということは言いません。
まず1通貨対応版(USD/JPY)のネクストレベル体験版をこのブログを閲覧している皆様にプレゼント致します。

この体験版を使用していただき、上の手法で使用感を確かめてみてください。
精度の高さをご実感いただけると思います。

そして、ネクストレベルに興味が湧いた方はぜひ購入検討のほど、宜しくお願い致します。

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

「有村翔太」のLINE@

有村バイナリー

LINE@で特別な情報を受け取る

ツールのお申込み・詳細についてはコチラ

バイナリーオプション逆張り攻略手法のまとめ

まとめ
いかがでしたか?
今回は、バイナリーオプションの逆張り攻略手法について以下の順で記事を書きました。

  • バイナリーオプションにおける逆張りとは
  • ボリンジャーバンド+RSI
  • エンベロープ+ストキャスティクス
  • CCI+RSI
  • サインツール+ライントレード
  • バイナリーオプション逆張り攻略手法のまとめ

更なるバイナリーオプション攻略手法が気になる方は、以下の無料ライン@にご登録ください。
最新バイナリーオプション情報の配信や個別での質問受付を行っています。
この機会に是非、ご利用ください。

【動画】バイナリーオプション逆張り攻略!レンジ相場の捉え方

以下の動画でもバイナリーオプションの逆張り攻略について説明していますので、ぜひご覧下さい。