ダイバージェンスでバイナリーオプション攻略

攻略法
ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは!有村です。
今回はオシレーター系インジケーターでよく起こるダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略手法をご紹介します。

一般的にダイバージェンスが起こるとトレンド転換の合図だという話を耳にしますが、実際のところはどうなのか?

次の順番で解説しますので、ぜひダイバージェンスを理解して攻略に役立てましょう。

  • ダイバージェンスとは
  • 「ダイバージェンスはトレンド転換の合図」は間違い
  • オシレーター系インジケーターで発生するダイバージェンスの一例
  • ヒドゥンダイバージェンスと通常のダイバージェンスの違い
  • ダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略手法
  • ダイバージェンスと合わせて高勝率の無料サインツールとは
  • まとめ

バイナリーオプションにおけるダイバージェンスとは

バイナリーオプションにおけるダイバージェンスとは

バイナリーオプションにおけるダイバージェンスとは、実際のローソク足の動きとオシレーター系インジケーターの動きが逆行していることを指します。

例えばダイバージェンスがよく起こる例としてRSIが挙げられます。

上の画像では、RSIの値がどんどん下がってくるのに対して、ローソク足の動きは上方向に推移しています。

  • 上昇トレンド中のダイバージェンス:
    価格が高値を切り上げているのに、オシレーターは高値を切り下げている
  • 下降トレンド中のダイバージェンス:
    高値が安値を切り下げているのに、オシレーターは安値を切り上げている

要するにオシレーター系インジケーターの動きとローソク足の動きが噛み合っていない場合をダイバージェンスと呼びます。

オシレーター系インジケーターは市場心理を表すものなので、ローソク足の動きと逆行した場合は「相場と市場心理が反対になっている」と見なされ、相場が反転する可能性が高いとされています。

そのためダイバージェンスが起こるとトレンド転換の合図だという話を耳にしますが、実際のところはどうなのか?

次の項目で解説します。

「ダイバージェンスはトレンド転換の合図」は間違い

「ダイバージェンスはトレンド転換の合図」は間違い

バイナリーオプション攻略法において「ダイバージェンスはトレンド転換の合図」ということを耳にしますが、正確にはこれは間違いです。

トレンド転換の合図というよりは、「トレンドが弱まっている」合図です。

トレンドが収束した結果次のトレンドが生まれたり、レンジになったりします。

ダイバージェンスが現れたからといって、すぐさまトレンド転換の合図とみなしエントリーしてしまうと大きな損を被ることもあるので気をつけましょう。

では実際にダイバージェンスをバイナリーオプション取引に活かすにはどうすれば良いのか?

具体的な攻略法を解説する前に、実際のチャート画像を見ながらダイバージェンスの例とダイバージェンスの種類を解説していきます。

オシレーター系インジケーターで発生するダイバージェンスの一例

ダイバージェンスはRSIだけでなく、他のオシレーター系インジケーターでも現れます。

その例をご紹介します。

  • MACD
  • CCI
  • ADX/DMI

●MACDのダイバージェンス

MACDのダイバージェンス

●CCIのダイバージェンス

●ADX/DMIのダイバージェンス

上記の画像を見ていただくとお分かりのように、ダイバージェンス後にそれまでのトレンドが弱まったのち、トレンドが逆方向に転換しているのがわかります。

しかしこれだけでトレンド転換だと勘違いしてエントリーポイントを決めてしまうと痛い目をみることもありますので注意しましょう。

なぜなら、トレンド中の調整局面でダイバージェンスが現れることもあるからです。

実はダイバージェンスは2種類あり、ここまで解説したのは通常のダイバージェンス(レギュラーダイバージェンス)ですが、もう1つ「ヒドゥンダイバージェンス」というものがあります。

気になると思いますので次で解説していきます。

ヒドゥンダイバージェンスと通常のダイバージェンスの違い

ヒドゥンダイバージェンスは、ローソク足の動きとオシレーター系インジケーターの逆行現象という点においては、レギュラーダイバージェンスと同じです。

しかしヒドゥンダイバージェンスが現れた時は「トレンドの継続」を判断することができます。

つまり、バイナリーオプションにおいて大きなトレンドに乗って行く順張りエントリーの指標となります。

どちらのダイバージェンスも、高値や安値を注目することは共通していますが、それぞれの着眼ポイントが異なります。

【レギュラーダイバージェンス】
・上昇トレンドの高値
・下落トレンドの安値
【ヒドゥンダイバージェンス】
・上昇トレンドの安値
・下落トレンドの高値

下の画像は、ローソク足は安値を切り上げている一方で、RSIは切り下げているヒドゥンダイバージェンスの状態です。

その後、上昇トレンドは継続していることが分かります。

ここまで2つのダイバージェンスについてご説明しましたが、実際にダイバージェンスをバイナリーオプション攻略に活かすにはどうすれば良いのか?

気になると思いますので次で解説していきます。

ダイバージェンスでバイナリーオプション攻略

上記でご説明した通りダイバージェンスはトレンドの収束を意味する「レギュラーダイバージェンス」と、トレンドの継続を意味する「ヒドゥンダイバージェンス」があります。

それぞれのダイバージェンスを用いたバイナリーオプション攻略手法をご紹介していきます。

レギュラーダイバージェンスでダマシを回避する攻略手法
ヒドゥンダイバージェンスで押し目エントリーする攻略手法

①レギュラーダイバージェンスでダマシを回避してバイナリーオプション攻略

レギュラーダイバージェンスを使ったバイナリーオプション攻略法は、バンドウォークのダマシを回避する手法です。

ダマシを回避

上の画像では
順張りのエントリー根拠として

1:移動平均線の傾きが下降トレンドを表しているように見える
2:ボリンジャーバンドのエクスパンションが発生
3:MACDのデッドクロス

が確認できます。

赤丸ポイントで順張りでローエントリーしたくなります。

しかし実際はどうなったでしょうか?

ダマシを回避2

実際は赤丸のポイントから下がらずに、画像の通り上昇していきました。

根拠が3つも重なった部分であっても外れてしまいました。

これを回避する方法は、これより前のチャートのMACDのダイバージェンスを見ればわかります。

ダマシを回避3

この位置でダイバージェンスが起きていました。
これを確認していれば、失敗せずに済みます。

①MACDのダイバージェンスが起きている。
②現在の下降トレンドは収束傾向であると予測が立つ。
③実際に下降トレンドが終了して上昇トレンドに転換。

ボリンジャーバンドや移動平均線だけではわからない部分もダイバージェンスで先にわかります。

この攻略法のように、ダイバージェンスは相場のダマシやトレンドが弱まっていることを確認できます。

なお、ボリンジャーバンドのエクスパンションについては以下の記事で攻略手法を詳しく解説しています。

②ヒドゥンダイバージェンスで押し目エントリーするバイナリーオプション攻略

次にご紹介するバイナリーオプション攻略法では、ヒドゥンダイバージェンスを利用します。

上の画像では上昇トレンド中、ローソク足は安値を切り上げRSIは切り下げているヒドゥンダイバージェンスが確認できます。

上昇トレンド中の調整の下落が、RSIが安値を更新するくらいに行き過ぎていると判断することができます。

一時的な下落の後、次のローソク足で再び上昇が確認できたら順張りでエントリーするチャンスになります。

ぜひマスターしてバイナリーオプション攻略に役立てましょう。

ダイバージェンスと合わせて高勝率の無料サインツール紹介

ダイバージェンスはバイナリーオプション攻略の上で重要ですが、もちろんそれだけでは利益を稼ぎ続けることはできません。

しっかりとエントリーポイントがわかる状況の上で初めて輝きます。

では、そのエントリーポイントを絞るにはどうすればいいのか?という話ですが、最もおすすめの方法は裁量とサインツールを合わせてエントリーポイントを絞る方法です。

単純に何もせずにエントリー根拠が一つ増えるのはとても心強いです。

しかし、ここで注意点があります。

それはサインツールを使うにしても優秀なものでなければ意味がないという点です。

優秀でないものを使うと逆に自分のエントリー理論から外れてしまい、混乱してしまう可能性があります。

ですので、サインツールを使う場合は優秀なものを選んでください。

でも、優秀なサインツールって高いのでは?

そう思っている方も多いはずです。

確かにそれは事実です。

しかし現在僕は、期間限定で優秀なサインツールを無料でプレゼントしています!

プレゼントするのは、マーチンなしで平均勝率73%を誇るサインツールの1通貨対応版(USD/JPY)です。

1通貨とはいえ有料級のツールですが、あえて無料で提供する理由は皆さんに是非稼いでほしいからです。

以下の無料メルマガ@からお受け取りください。

※サインツールプレゼントには人数制限がございますのでお早めに!

メルマガ友達追加で、
最適なバイナリーオプション攻略手法とサインツールをGET!!

メルマガで特別な情報を受け取る

使用感を確かめて頂き、もしもご満足いただけたら、以下のリンクから正規版のご購入検討お願いします。

詳細記事:GOEMON(ゴエモン)の実績・ロジック・お客様の声が気になる方はコチラから

詳細記事:GOEMON(ゴエモン)を即購入したい方はコチラからどうぞ

ダイバージェンスでバイナリーオプション攻略のまとめ

ダイバージェンスでバイナリーオプション攻略のまとめ

いかがでしたか。
今回は

  • ダイバージェンスとは
  • 「ダイバージェンスはトレンド転換の合図」は間違い
  • オシレーター系インジケーターで発生するダイバージェンスの一例
  • ヒドゥンダイバージェンスと通常のダイバージェンスの違い
  • ダイバージェンスを利用したバイナリーオプション攻略手法
  • ダイバージェンスと合わせて高勝率の無料サインツールとは
  • まとめ

について説明してきました。

是非ダイバージェンスをバイナリーオプション攻略に役立て利益を出せるトレーダーになりましょう。

この記事を読んだあなたには以下の記事もおすすめです。

コメント

  1. […] 攻略法 ダイバージェンスでバイナリーオプション攻略 攻略法 バイナリーオプション1時間取引の攻略手法解説 業者 […]