【バイナリーオプション】RSIの本当の使い方【攻略法】

攻略法

 

ありむら
ありむら

みなさん、こんにちは!アリです。今回は、多くの投資家に使用されているRSIの本当の使い方について解説いたします。

本当のRSIの使い方を知り皆さんのバイナリーオプション攻略に是非役立ててください。

 

おそらく、みなさんがRSIを使う際、値が30を超えたらハイエントリー、70を超えたらローエントリー、のような使い方をしていると思います。
この使い方は、もちろん正当な使い方であり、ある程度の信用ができるものです。

ですが、今回お伝えしたいのは更にその上をいく本当の使い方です。

 

「RSIを使っても思ったところで反発してくれなくて負けてしまう」

 

よくありますよね。テクニカル分析をしている方なら絶対に一度はこういう思いをしているはずです。
この記事ではそういった不安や不満を少しでも解決するために以下の順でRSIを用いた本当のバイナリーオプション攻略手法を解説します。

 

・基本的なRSIの使い方(基本)
・RSIの問題点と解決策
・「RSIの本当の使い方」でバイナリーオプション攻略
・RSIと合わせて使うべき無料のサインツール紹介
・まとめ

 

是非ご覧ください。

 

RSIの基本的な使い方

 

画像のように基準の線を超えたらハイかローで逆張りエントリーの目安です。
RSIは売られ過ぎ、買われ過ぎを判断するオシレーター系のインジケーターですので、

・売られ過ぎたら次は買いだろう
・買われ過ぎたら次は売りだろう

というような予想が立てられるわけです。
ですので、RSIを使う際は70の線を超えたら逆張りでロー
30を超えたら逆張りでハイ、といったような使い方をします。
これが基本的なRSIの使い方になります。

これを見るぶんには、信用性はありそうですよね。

ですが、RSIには問題点もあります。

それを次の項でご説明いたします。
次で説明する問題点こそが、多くのトレーダーの悩みのタネとなっているわけです。

RSIの問題点と解決策

問題点

みなさんは、おそらく画像のようにRSIを使う時

「70と30の線を超えたら逆張りエントリー」や
「75と25を超えたら逆張りエントリー」

のようなルールを決めていると思います。

また、いたるところでそのように解説されていたりします。

これは間違いではありません。

ですが、それだけではどうしても避けられない問題があります。
それはダマシです。

上の画像ではともに基準の70と30を超えていますが
一向に戻りませんでした。

通常のルール通りならば、逆張りでエントリーしているポイントですよね。
ですがこの、ポイントで逆張りをしていれば負けているわけです。

こういうポイントが、たまにある。。。

程度ならいんですが、

実際はかなりあります。

バイナリーオプションを本気で攻略していこうと考えるなら、
こういうダマシは極力避けなければいけません。

ではどうすればこのダマシを回避できるのか?

それが今回最もお伝えしたい内容です。

以下でお伝えします。

解決策

おすすめの方法があります。

ローソク足が表示されているところではなく

RSIが表示されている下の部分に(サブウィンドウ)
にボリンジャーバンドを表示させることでダマシを回避する方法です。

いかがでしょうか。

ダマシが視覚的にわかりやすくなったのではないでしょうか。

RSIの逆張りの基準30or70超えていても
ボリンジャーバンドの±2σに触れていなければ
エントリーポイントとはみなしません。

このようにダマシのポイントを回避していくのが主な使い方になります。

多くの場合、RSIで買われ過ぎだから、売られ過ぎだから
逆張りでエントリーしようとしてダマシに遭うことが多いはずです。

そこにこのボリンジャーバンドを表示させることにより
圧倒的にダマシ回避しやすくなります。

では、この設定方法はどうすればいいのか?
順にご説明していきます。

設定方法

通常通りRSI(期間14)を表示させた後、
画像の通り、
「ナビゲーター」→「インディケータ」→「トレンド」→
→「Bollinger Band」(これをドラッグでチャート上に持っていく)

期間21 偏差2
適用価格を「First Indicator’s Data」

に設定しましょう。

これを利用して視覚的にダマシを回避していきましょう!

では次の項から、具体的なRSIを用いたバイナリーオプション攻略手法を
解説していきます。

「RSIの本当の使い方」でバイナリーオプション攻略!!

では早速解説していきます。
まずは流れを大まかに説明します。

エントリー手順

①RSI表示(期間14基準線は70,30)
②ボリンジャーバンドを下(サブウインドウ)に表示(期間21偏差2)
③ボリンジャーバンドを上に表示(期間21偏差3)
④ローソク足が±3σのバンドにタッチ
⑤RSIが70or30を超えている
⑥RSIが2σのバンドにタッチ
⑦逆張りでエントリー

攻略手法解説

画像ではローソク足が3σのバンドにタッチし
RSIが70を超えています。
更にRSIもサブウインドウの2σのバンドにタッチ。

ダマシの可能性は低くなりました。

逆張りでローにエントリーしましょう。

RSIと合わせて使うべき無料のサインツール紹介

RSIは多くの投資家に支持される便利なインジケーターです。

しかし、さらに勝率を上げていきたいなら他のツールも併用すべきだと

ぼくは考えています。

じゃあ、どのツールがいいのか?僕のおすすめはサインツールです。

でも良いサインツールって高そうで手がでない・・

そんな風に思っている方もいると思います.

しかし!!

なんといま相性抜群のサインツールを
以下の完全無料ラインサービスでプレゼントしています。
そのほかにも攻略手法やツール情報など配信中です。
ぜひお気軽にご登録ください。

1. 以下QRコード、もしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE@に友達追加
2. 折り返しメッセージで特典をゲット!

※PCから閲覧されている方は、以下の手順で友達追加お願い致します。

1. LINEの「友達追加」より「QRコード」を選択。
2. 「QRコードリーダー」より下記画像を読み込んでください。

「有村翔太」のLINE@

有村バイナリー

LINE@で特別な情報を受け取る

まとめ

今回は、

・基本的なRSIの使い方
・RSIの問題点と解決策
・「RSIの本当の使い方」でバイナリーオプション攻略
・RSIと合わせて使うべき無料のサインツール紹介

の順で解説してきました。
更に詳しいバイナリーオプション攻略手法が気になる方は、
以下の完全無料メルマガサービスでにご登録ください。
バイナリーオプション攻略手法配信中です。

こちらではラインでもお伝えしていないノウハウの他に、
バイナリーオプション極秘攻略手法PDFをプレゼントしています。

こちらも人数制限がございますのでお早めにご登録ください